職を変えることの是非を問う -2




確かに、最近の若い人は飽きっぽい傾向にありのかもしれませんが、転職が必ずしもその傾向から来るものではない事を考慮すべきです。
堪え性がないから転職を希望する人も、なかにはいるとはいえ、全ての転職にそれをあてはめる現在の傾向も、あまり好ましいものとはいえません。

外資系企業への転職というのは、いわば人生の賭けです。
もちろん、中には止むを得ず、そうせざるを得なかったから転職を試みるという人も少なくはないでしょう。
ただ、転職者の多くは、今の職場に対する不満であったり、幼い頃から抱いていた夢であったりと、自分の要求に即した環境で仕事がしたいがために転職を試みるのではないでしょうか。

例えば、実力をそのまま評価してほしい人は、年功序列色の少ない外資系企業への転職を志すでしょう。
外資系企業への転職が成功すれば、同じ仕事、同じ時間働いて給料が大幅に上がるというケースもあります。
また、自身のスキルアップを図るならば、同職種で更に上を目指せるような、大企業への転職を目指す人も多いでしょう。
職種を変えても、同じような仕事ができるというケースは多々あります。

営業などはその典型で、扱う商品が変わっても、その営業ノウハウには大きな変化はありません。
ですから、より評価を得たい、技術を磨きたいという人は、分野を変えつつ、同じ職種に転職するというケースが見られるのです。

こういった若いうちからの転職が悪いとは、とても言い切れないでしょう。


トップページ

結婚相性占い スピリチュアルカウンセリング スピリチュアルカウンセラー キャッシング 復縁電話相談 北新地 夜 アルバイト
(C) 2016 外資系企業への転職 ネット