企業の将来性を判断するには -2




例えば、アメリカは今金融危機が叫ばれていますが、全てのアメリカの金融会社が危機というわけではありません。
つまり、アメリカ系列の保険会社が今はあまり景気がよくないかというと、そうとも限らないですし、その会社の将来性については保証もない代わりに確証もないということになります。

では、結局外資系企業への転職で将来性を有利にするのは無理なのでしょうか。
決してそうとも限りません。
外資系企業は基本的にグローバルな展開をしており、国内企業よりも受け皿が大きく、将来性を期待できると言えます。
ただその反面、買収も多く、気が付けば吸収合併→部門の削減という形で将来が閉ざされる可能性もあるのです。

結局のところ、外資系であれデメリットは複数存在します。
会社組織であれば当然のことです。
それを外資系特有のメリットが上回るかどうかに、外資系企業への転職が価値のあるものかどうかが掛かってきます。
現在、外資系企業への転職を希望する若い人達が増えていますが、そういった人たちは、どちらかというとデメリットをあまり考慮せずにメリットを追いかけている傾向にあるような気がします。
デメリットにも目を向けた上で、転職を考えるべきでしょう。


トップページ

結婚相性占い スピリチュアルカウンセリング スピリチュアルカウンセラー キャッシング 復縁電話相談 北新地 夜 アルバイト
(C) 2016 外資系企業への転職 ネット