メリットとデメリットを考える 2 -2




アメリカの企業は特にその傾向が強いようです。

これがどういったメリットとなるのでしょう。
いうまでもなく、若手、若年層といった、20代〜30代の人にとっては、大きく有利になります。
国内企業であれば、どれだけ頑張ってもせいぜい係長といったところの年齢ですが、外資系企業の場合、20代で重要ポストに就く事も珍しくありません。
近年はIT産業の分野において20代、30代の社長は珍しくなくなりましたが、これはあくまで一から会社を作っていった過程での事。
転職組にいきなりそういったポストを与えるというのは、IT分野でもそう多くはないでしょう。

では、外資系企業への転職の場合はどうかというと、外資系企業への転職組であっても、能力さえあればそこに障害はありません。
しがらみも少なく、タブーや暗黙の了解といった、日本特有とも言える様々な足枷もほとんどないので、非常に自由です。
これが、外資系企業の持つ最大のメリットでしょう。

外資系企業への転職を目指す人の多くは、そういった社風に惹かれています。
仕事に対して求めるものというのは、賃金以上に職場の環境である事が多いのです。
そして、賃金においても実力主義なので、若くして大金を掴む事も可能。
これがアメリカンドリームと言われる所以です。




トップページ

結婚相性占い スピリチュアルカウンセリング スピリチュアルカウンセラー キャッシング 復縁電話相談 北新地 夜 アルバイト
(C) 2016 外資系企業への転職 ネット