外資系企業と日本企業の違い -2




では、一番の違いは何なのでしょう。
やはり、文化的な相違と言えるのではないでしょうか。
アメリカが最も多いですが、外資系企業はその母体となる、または株主となる企業のお国柄によって、その傾向が完全に変化します。
アメリカは短期的な見方をする企業が多く、市場の成長性が弱い、あるいは発展性に乏しいという場合は、躊躇なく撤退する見切りの速さが特徴です。

一方、ヨーロッパの場合は、長期的で地道な開発や販売を得意としています。
その為、アメリカはITや金融、自動車などの製造が主で、ヨーロッパは重機機械や自動車・航空の部品、化粧品などの製造、販売が得意です。

では、日本はどうかというと、輸出大国と言われているくらいですので、専門的な得意分野を持っています。
例を挙げるなら、精密機器ですね。
A型気質というか、細かい事をやらせたら日本の右に出る国はありません。

では、体質についてはどうでしょう。
いうまでもないとは思いますが、日本と外国の一番の違いは、その積極性にあります。
アメリカやヨーロッパ諸国の人々は、自己主張が上手く、理路整然としており、曖昧さを嫌います。
日本は、自己表現が苦手で、感情論に流されやすい体質です。
この差が、企業にも現れています。

外資系企業への転職は、この体質を持たない日本人に馴染めない日本人が一番向いているのかもしれません。


トップページ

結婚相性占い スピリチュアルカウンセリング スピリチュアルカウンセラー キャッシング 復縁電話相談 北新地 夜 アルバイト
(C) 2016 外資系企業への転職 ネット