転職の際に役立つ面接テクニック -2




ところで、外資系特有の面接基準というものがあるのでしょうか。
答えは、YESです。
外資系企業への転職を考えるならば、外資系企業が欲する人材である事をアピールするような面接を行う必要があるでしょう。
それがそのまま、外資系特有の面接基準という事になります。

例えば、外資系企業においては、コミュニケーションを重視しています。
語学力の有無はもちろん、質問に対する円滑な対応、積極的な意見交換、空気を読んだ発言を行う事が、外資系企業の欲する人材と一致する材料となるでしょう。
この点においては、国内企業とは大きな差があります。

国内企業は実績重視であり、コミュニケーション能力に関してはある程度加味すれど、それ以上の重要視はされません。
学歴が最も重要視されるところも少なくないでしょう。
外資系企業の場合、戦力になるかどうか、コミュニケーション能力によって判断されます。
この点こそが、外資系企業への転職の際の面接の鍵を握ります。

よって、外資系企業の面接の場合、積極的な発言が必要です。
自分の語学力を誇示するくらいの勢いで、とはいえしっかり空気を読み、ある程度過剰なくらいのアピールを行う事が望ましいでしょう


トップページ

結婚相性占い スピリチュアルカウンセリング スピリチュアルカウンセラー キャッシング 復縁電話相談 北新地 夜 アルバイト
(C) 2016 外資系企業への転職 ネット