職を変えることの是非を問う

転職先が外資系企業であるケースばかりでなく、最近は若いうちから一度就職した会社を辞めて別の会社への転職を志す人が多いようです。
若いうちからコロコロ会社を変える、職を変えるという事は、年配者の方はあまりよく思わないようですが、それは短絡な見方といえます。

スポンサードリンク

確かに、最近の若い人は飽きっぽい傾向にありのかもしれませんが、転職が必ずしもその傾向から来るものではない事を考慮すべきです。
堪え性がないから転職を希望する人も、なかにはいるとはいえ、全ての転職にそれをあてはめる現在の傾向も、あまり好ましいものとはいえません。

外資系企業への転職というのは、いわば人生の賭けです。
もちろん、中には止むを得ず、そうせざるを得なかったから転職を試みるという人も少なくはないでしょう。
ただ、転職者の多くは、今の職場に対する不満であったり、幼い頃から抱いていた夢であったりと、自分の要求に即した環境で仕事がしたいがために転職を試みるのではないでしょうか。

例えば、実力をそのまま評価してほしい人は、年功序列色の少ない外資系企業への転職を志すでしょう。
外資系企業への転職が成功すれば、同じ仕事、同じ時間働いて給料が大幅に上がるというケースもあります。
また、自身のスキルアップを図るならば、同職種で更に上を目指せるような、大企業への転職を目指す人も多いでしょう。
職種を変えても、同じような仕事ができるというケースは多々あります。

営業などはその典型で、扱う商品が変わっても、その営業ノウハウには大きな変化はありません。
ですから、より評価を得たい、技術を磨きたいという人は、分野を変えつつ、同じ職種に転職するというケースが見られるのです。

こういった若いうちからの転職が悪いとは、とても言い切れないでしょう。

スポンサードリンク

サイト内関連記事

転職の理由
人生における大きな転機、転職とは、基本的にそう言えるのではないでしょうか。 転職......
有利な年齢、不利な年齢
通常の就職と、外資系企業への転職は、違うものと考えたほうがよいでしょう。 具体的......
社員教育にみられる特色
外資系企業への転職が無事果たされたら、晴れて貴方はその外資系企業の一員という事に......
能力評価にみられる特色
外資系企業は国内企業と比較し、能力重視である事は周知の事実です。 ですから外資系......
昇進にみられる特色
その昇進のしやすさや報酬の上がりやすさに惹かれて、外資系企業への転職を目指してい......
採用にみられる特色
外資系企業の場合、採用の傾向が、大手と中小とで異なっています。 大手に関しては、......
転職に必要な語学力とは
語学力は、外資系企業への転職、就職には必須の能力。 この能力無くして、外資系企業......
転職の際の履歴書の書き方
外資系企業への転職に限った事ではありませんが、面接の時間だけで、その人の人間性を......
転職の際に役立つ面接テクニック
外資系企業の場合であっても国内企業の場合であっても、面接は非常に重要です。 転職......

▲このページのトップへ