企業の将来性を判断するには

外資系企業への転職を試みる場合、その将来性について考慮する場合があるでしょう。
外資系企業は、母体が海外にあるため、データ上で将来性を計るしかありません。
実際問題、その国の経済事情と会社が連立しているとも限らないので、将来性を図るにも一苦労するでしょう。

スポンサードリンク

例えば、アメリカは今金融危機が叫ばれていますが、全てのアメリカの金融会社が危機というわけではありません。
つまり、アメリカ系列の保険会社が今はあまり景気がよくないかというと、そうとも限らないですし、その会社の将来性については保証もない代わりに確証もないということになります。

では、結局外資系企業への転職で将来性を有利にするのは無理なのでしょうか。
決してそうとも限りません。
外資系企業は基本的にグローバルな展開をしており、国内企業よりも受け皿が大きく、将来性を期待できると言えます。
ただその反面、買収も多く、気が付けば吸収合併→部門の削減という形で将来が閉ざされる可能性もあるのです。

結局のところ、外資系であれデメリットは複数存在します。
会社組織であれば当然のことです。
それを外資系特有のメリットが上回るかどうかに、外資系企業への転職が価値のあるものかどうかが掛かってきます。
現在、外資系企業への転職を希望する若い人達が増えていますが、そういった人たちは、どちらかというとデメリットをあまり考慮せずにメリットを追いかけている傾向にあるような気がします。
デメリットにも目を向けた上で、転職を考えるべきでしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

転職希望者には外資系企業が人気
新卒の就職と、他の分野からの転職というのは、全く異なるものと言えます。 学生時代......
国内企業との違いを考える 給料編
外資系企業への転職を希望する方は、様々な理由で外資系企業を選択しているかと思いま......
国内企業との違いを考える 勤務時間編
外資系転職を希望する方の動機の中には、定時きっちりに仕事を終えて、すぐ家に帰りた......
国内企業との違いを考える 人間関係編
外資系企業への転職で一番多い志望理由は、人間関係に関する点かもしれません。 人間......
国内企業との違いを考える 人間関係編2
外資系企業への転職希望者の多くが持っているであろう望み、それは人間関係の悩みから......
国内企業との違いを考える 入社編
外資系企業への転職であれば、どんな規模の会社でも良い、という方はあまりいないでし......
外資系企業と日本企業の違い
当然ながら、外資系企業に多くのメリットがあることが、外資系への転職者がふえている......
メリットとデメリットを考える 1
希望者が増加している外資系企業への転職ですが、それによってもたらされる長所とは、......
メリットとデメリットを考える 2
外資系企業の持つメリットは、平等であるという点です。 年功序列にはじまり、あらゆ......

▲このページのトップへ