メリットとデメリットを考える 1

希望者が増加している外資系企業への転職ですが、それによってもたらされる長所とは、どういった点でしょう。
外資系と国内企業との一番の違いは、その国民性や文化の相違にあります。
では、そこから生まれる、外資系企業のメリットとは何なのでしょう。

スポンサードリンク


まず、実績主義、実力主義である点が一番の特色である事は疑いようがありません。
では、これは果たしてメリットなのでしょうか?
結論から言えば、メリットにもなり得るし、デメリットにもなり得ます。
実力主義という事は当然実力がある人にはメリットです。
国内企業の場合、年功序列や派閥、コネ、その他様々なしがらみや人間関係が出世や昇給に大きく影響を与えます。
一方、実力主義の外資系企業の場合、シビアに実績で判定が下されます。
若くして重要なポストに就く人の数は、外資系企業と国内企業では比較にならないでしょう。

ただ、デメリットにもなり得ます。
仕事というのは、少なからず自分の力ではどうする事もできない要素もあります。
そんな外的要因によって上手く行かなかった時も、外資系企業ではそれが実力、実績と判断され、マイナス査定となります。
国内企業の場合、そういったケースでは情状酌量の余地あり、とみなされる事もあるでしょう。
よくも悪くも、感情が作用するのが国内企業の特徴です。

外資系企業への転職は、こういった感情を排除しても尚、メリットが強いと判断した人が行うべきです。
逆に言えば、そういった職場が苦手という場合は、外資系企業への転職は向いていないという事になるでしょう。


スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

転職希望者には外資系企業が人気
新卒の就職と、他の分野からの転職というのは、全く異なるものと言えます。 学生時代......
国内企業との違いを考える 給料編
外資系企業への転職を希望する方は、様々な理由で外資系企業を選択しているかと思いま......
国内企業との違いを考える 勤務時間編
外資系転職を希望する方の動機の中には、定時きっちりに仕事を終えて、すぐ家に帰りた......
国内企業との違いを考える 人間関係編
外資系企業への転職で一番多い志望理由は、人間関係に関する点かもしれません。 人間......
国内企業との違いを考える 人間関係編2
外資系企業への転職希望者の多くが持っているであろう望み、それは人間関係の悩みから......
国内企業との違いを考える 入社編
外資系企業への転職であれば、どんな規模の会社でも良い、という方はあまりいないでし......
外資系企業と日本企業の違い
当然ながら、外資系企業に多くのメリットがあることが、外資系への転職者がふえている......
メリットとデメリットを考える 2
外資系企業の持つメリットは、平等であるという点です。 年功序列にはじまり、あらゆ......
企業の将来性を判断するには
外資系企業への転職を試みる場合、その将来性について考慮する場合があるでしょう。 ......

▲このページのトップへ