外資系企業と日本企業の違い

当然ながら、外資系企業に多くのメリットがあることが、外資系への転職者がふえている理由です。
外資系企業と日本国内の企業は根本的に違う部分があり、そういった点で外資系企業への転職を試みる、または進めるという動きが活発化しているのでしょう。

スポンサードリンク

では、一番の違いは何なのでしょう。
やはり、文化的な相違と言えるのではないでしょうか。
アメリカが最も多いですが、外資系企業はその母体となる、または株主となる企業のお国柄によって、その傾向が完全に変化します。
アメリカは短期的な見方をする企業が多く、市場の成長性が弱い、あるいは発展性に乏しいという場合は、躊躇なく撤退する見切りの速さが特徴です。

一方、ヨーロッパの場合は、長期的で地道な開発や販売を得意としています。
その為、アメリカはITや金融、自動車などの製造が主で、ヨーロッパは重機機械や自動車・航空の部品、化粧品などの製造、販売が得意です。

では、日本はどうかというと、輸出大国と言われているくらいですので、専門的な得意分野を持っています。
例を挙げるなら、精密機器ですね。
A型気質というか、細かい事をやらせたら日本の右に出る国はありません。

では、体質についてはどうでしょう。
いうまでもないとは思いますが、日本と外国の一番の違いは、その積極性にあります。
アメリカやヨーロッパ諸国の人々は、自己主張が上手く、理路整然としており、曖昧さを嫌います。
日本は、自己表現が苦手で、感情論に流されやすい体質です。
この差が、企業にも現れています。

外資系企業への転職は、この体質を持たない日本人に馴染めない日本人が一番向いているのかもしれません。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

転職希望者には外資系企業が人気
新卒の就職と、他の分野からの転職というのは、全く異なるものと言えます。 学生時代......
国内企業との違いを考える 給料編
外資系企業への転職を希望する方は、様々な理由で外資系企業を選択しているかと思いま......
国内企業との違いを考える 勤務時間編
外資系転職を希望する方の動機の中には、定時きっちりに仕事を終えて、すぐ家に帰りた......
国内企業との違いを考える 人間関係編
外資系企業への転職で一番多い志望理由は、人間関係に関する点かもしれません。 人間......
国内企業との違いを考える 人間関係編2
外資系企業への転職希望者の多くが持っているであろう望み、それは人間関係の悩みから......
国内企業との違いを考える 入社編
外資系企業への転職であれば、どんな規模の会社でも良い、という方はあまりいないでし......
メリットとデメリットを考える 1
希望者が増加している外資系企業への転職ですが、それによってもたらされる長所とは、......
メリットとデメリットを考える 2
外資系企業の持つメリットは、平等であるという点です。 年功序列にはじまり、あらゆ......
企業の将来性を判断するには
外資系企業への転職を試みる場合、その将来性について考慮する場合があるでしょう。 ......

▲このページのトップへ